中部山岳国立公園 乗鞍岳バックカントリーを楽しまれる方へのお願い

【中部山岳国立公園 乗鞍岳バックカントリ-を楽しまれる方へのお願い】


雪山登山やバックカントリースキーは、乗鞍岳の自然と向き合い、その雄大さを体験できるまたとない機会です。

その一方で、吹雪や雪崩など厳しい自然条件と対峙しなければならないのも事実です。

樹木や岩への衝突といったリスクもあります。

雪山に入山する際は、雪崩対策を始めとした装備を十全に整え、かつ雪質等について知識と経験が豊富な人と共に行動するようにしてください。


■バックカントリーを楽しまれるお客様は、以下の事項についてご注意くださいますようお願いいたします。


1 Mt.乗鞍スノーリゾートは中部山岳国立公園内に位置しています。山の自然を汚すことはしないでください。

 

2 スキー場のリフトを利用してバックカントリーや登山へ出かける際は登山計画書を提出し、自己責任で行動してください。

 

3 スキー場外での捜索・救助にかかる費用は、全てお客様負担となります。

 

4 スキー場外での事故やケガの際は、警察(110番)へ通報してください。

 

5 夜は圧雪者がゲレンデを走ります。暗い時間にゲレンデに入るのは大変危険ですのでおやめください。

 

6 スキー場トップからの登山やゲレンデのハイクアップ、下山の際は、スキーヤーやボーダーとの接触を防ぐため、ゲレンデの端を歩くようお願いいたします。

 

  ※かもしかゲレンデを歩く際は、標識の指示に従ってください。


7 近年バックカントリーにおける立ち木への衝突や雪崩による事故が多発しています。必ず経験者もしくはガイドと共に行動してください。

 

8 十分な装備を整え、かつ山岳情報(長野県の冬山情報サイト)や雪崩情報(気象庁の警報・注意報サイト)を確認してください。


9 日本雪崩ネットワーク・バックカントリーの雪崩対策7つのステップや、

  日本雪崩ネットワーク・ロープの向こう側~滑走者への安全の呼びかけ~などを参考にしたり、雪崩についての講習を受けたりしてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


※2021年3月14日に乗鞍位ヶ原で発生した雪崩死亡事故について、日本雪崩ネットワークさんによる現地調査報告が速報として発表されましたのでご覧ください。

【調査速報】210314乗鞍岳位ヶ原・雪崩事故│お知らせ│日本雪崩ネットワーク (nadare.jp)