Mt.乗鞍スノーリゾート×team長野「乗鞍-8耐」ダイジェスト動画

オートバイの国際レース「鈴鹿8耐」で活躍する

team長野のライダーのお二人が、

-8℃のMt.乗鞍スノーリゾートでスノースクートに初挑戦!

極寒パウダーの「乗鞍-8耐」、

まずはダイジェスト版でご覧ください!

(撮影・編集:齋藤悠士さん)


【Mt.乗鞍スノーリゾート team長野の8耐ライダーが初スノースクートで「乗鞍-8耐」に挑戦!20210125】 - YouTube




※長野県のPRと地域活性化を目指し活動するオートバイのレーシングチーム「信州活性プロジェクトTeam長野」のレーシングマシンが1月24、25の両日、Mt.乗鞍スノーリゾートの第3チケットセンター横で展示されました。


チーム長野は平成28年に発足し、昨年5月に一般社団法人化。県内各地から集まる16人のメンバーを中心に、鈴鹿8時間耐久ロードレース(8耐)などに参戦してきました。


展示されたのは、2020年10月にオートバイレースの国内最高峰・全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦に出場した「BMW・S1000RR」。


マシンの展示と同時にゲレンデにおいて、チームの紹介とスキー場のPRを兼ねたプロモーション動画の撮影が行われました!


スポーティングディレクター兼ライダーで県職員の櫻山茂昇さん(小諸市)は「バイクとスキーは、特性が似ています。地域貢献、地域密着を掲げているチームなので、レースを通じてバイク文化やスノーリゾート信州の魅力を発信してゆきたい」と話していました!